圧倒的な1番人気のオンラインカジノはベラジョン
今なら登録だけでボーナス$30が手に入る!

0949

ベラジョンカジノでのプレイは法的にグレー?摘発の可能性はある?

ベラジョンカジノ

日本人プレイヤーの登録数でも認知度でも業界トップのベラジョンカジノですが、そもそも日本ではカジノが禁止されているので、ベラジョンカジノでプレイしていることが見つかると摘発されるのではと不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

実際にプレイしている人、まだプレイしたことはないけれど興味はある人にとって、ベラジョンカジノの違法性は気になるところだと思いますが、これまでベラジョンカジノの利用者が摘発されたことはありません。

ただし、オンラインカジノが日本で合法と認められているわけではなく、今後もベラジョンカジノが安全だと言い切ることはできません。

ここでは、ベラジョンカジノの利用者が今後も安全にプレイするためにはどうすれば良いのか、摘発されるオンラインカジノとベラジョンカジノは何が違うのかについて解説します。

ベラジョンカジノを詳しく見る

カジノが違法な日本でベラジョンカジノが利用できる理由

日本では法律でカジノの運営が認められておらず、カジノ自体存在しません。

ニュースなどで闇カジノ、違法カジノが摘発されたという事件が報道されますが、これは賭博法に違反しているからで、国内で運営されているカジノは摘発対象です。

競馬や競輪などの公営ギャンブル以外は、賭け麻雀、野球賭博など全てが逮捕される可能性のあるギャンブルで、そのためベラジョンカジノを利用すると逮捕されてしまうと考える人もいるのでしょう。

しかし、海外にはたくさんのカジノがあり、日本人が旅行で訪れたついでにカジノでプレイすることも珍しくはありませんが、それらが罰せられることはありません。

マカオやラスベガスのカジノでプレイしたと公言している芸能人もいるほど、海外のカジノで遊ぶことは一般的で、それが違法だと思っている人はいないのではないでしょうか。

海外のカジノで遊ぶことに違法性を感じないのは、海外のカジノが合法的に運営されており、プレイしているのも日本ではないからです。

日本にいるベラジョンカジノのプレイヤーが摘発されないのは、これと同じようなものでキュラソーにある企業が運営しているベラジョンカジノをネット上でプレイしても日本の法律で裁くことはできません。

実際、プレイヤーは日本にいますがサービスを提供しているのはオンライン、そのサーバーはアメリカにあるということで、プレイしているのは日本国内ではないとみなすこともできるわけです。

こうしたプレイヤーを日本の警察が取り締まることは不可能、もし取り締まろうとしてもカジノでプレイしたという証拠を集めることができず、起訴にこぎつけることはできないでしょう。

海外にある企業には日本の法律が及びませんが、賭博法を成立させるには胴元であるベラジョンカジノの逮捕が必須です。

胴元が逮捕できないなら利用者だけを摘発することはできないのが「対向犯」である賭博罪の特徴でもあるため、ベラジョンカジノ利用者だけが摘発される心配はないと考えられます。

怪しいオンラインカジノには要注意

ベラジョンカジノは安全だとしても、全てのオンラインカジノが安心して利用できるというわけではないので、過去に逮捕者が出たオンラインカジノがらみの事件についても知っておいた方が良いでしょう。

最終的に逮捕された3名のプレイヤーのうち1名は不起訴、2名は罰金を支払うことで解決しましたが、海外で運営されているオンラインカジノを利用していたプレイヤーの逮捕ということで当時はオンラインカジノ業界も騒然となりました。

「スマートライブカジノ事件」として知られている事件が起きたのは2016年、とばく容疑でオンラインカジノでプレイしていた3人のプレイヤーを逮捕したのは京都府警です。

逮捕された3人は埼玉県、大阪府に住む男性で、オンラインカジノで約22万円を儲けたことが逮捕理由とされています。

しかし、スマートライブカジノは海外のオンラインカジノで、逮捕されたのは日本人プレイヤー3人のみ、胴元である運営企業は逮捕されていません。

対向犯である賭博罪を成立させられないにもかかわらず、警察が逮捕に踏み切ったのは海外のオンラインカジノの利用でも逮捕するという前例作りのためと言われていて、証拠が揃う前に無理やり逮捕したのだろうと考えられます。

逮捕された3人は個人が特定できるような情報を発信していたので、単なる見せしめ、たまたま逮捕されてしまった運の悪い人と見る人も多く、警察に不信感を募らせる人、逮捕の経緯を批判する有識者、カジノプレイヤーも少なくありませんでした。

警察にとっては、逮捕されることもあるという前例作りのための摘発でしたが、結局は略式起訴を不服としたプレイヤーの起訴を取り下げることになり、海外のオンラインカジノを利用しても摘発される理由がないという前例を作ってしまうことになりました。

これを根拠に「オンラインカジノは合法」、「安心して遊べる」と紹介しているサイトもありますが、あくまでも「違法ではない」という見解が示されただけなので、法律で合法と認められたわけではない点に注意しましょう。

グレーゾーンのオンラインカジノで安全に遊ぶ方法

ベラジョンカジノを含めて、海外で運営されているオンラインカジノを日本でプレイすることは「グレーゾーン」な扱いです。

摘発される可能性は低いものの、合法だと言い切れるわけではないため、安全に遊ぶためにはプレイヤーの意識も重要になります。

・日本人向けに特化したサイトで遊ばない

日本人のディーラーがいるオンラインカジノは言葉の心配もなく利用しやすいですが、明らかに日本人のみを対象としたサービスは摘発の対象になる可能性もあります。

スマートライブカジノの場合も、日本人を対象としたゲームを提供していることが摘発のきっかけと言われているので、日本人だけが受けられるサービスを提供しているオンラインカジノには要注意です。

ベラジョンカジノは日本人向けのサービスを提供していますが、世界中でその国向けのサービスを提供している一環としてということで、それほど心配しなくても良いでしょう。

・身元がバレる情報は公開しない

顔出し、本名出しでカジノの戦績を公表しているブログがありますが、こうした情報はカジノの利用履歴になってしまうので、警察に証拠として集められると振りになるケースもあるでしょう。

先のスマートライブカジノ事件でも、逮捕された3人はカジノの利用履歴を公開しており、それが個人の特定につながったと言われています。

オンラインカジノ側がプレイヤーの情報提供を拒んだとしても、プレイヤー自身がいくら賭けたのか、いつプレイしたのか、どのくらい勝ったのか、負けたのかという情報を全て公開していたら隠し立てをしても無駄です。

個人情報をネットに晒すのはオンラインカジノを利用していなくても危険な行為なので、身元を特定できる情報は公開しないようにしましょう。

・法改正について情報収集する

カジノを含む統合型リゾートを建設するIR誘致に自治体が躍起になるなど、日本でもカジノ解禁の動きが出てきていますが、これに伴って賭博法や関連法が見直されるのではないかとも言われています。

そもそも、オンラインでギャンブルをすることが想定されていない古い法律のため、日本の賭博罪は現状に即していないのも事実です。

今後、どのように見直されるのかはわかりませんが、海外のオンラインカジノを日本国内で利用することを想定した法律ができる可能性もあるので、法改正、その内容についての情報収集は必ず行っておきましょう。

ベラジョンカジノを詳しく見る

現時点でベラジョンカジノでのプレイは「グレーゾーン」

大手を振って「合法」と言えないものの、違法性があると摘発される可能性も低いベラジョンカジノの存在は、まさに「グレーゾーン」にあります。

かなりの登録者数があり、日本国内での登録者数がトップであることは間違いないベラジョンカジノから一人でも摘発される人が出ればスマートライブカジノ事件の比ではない騒動になりそうですが、今のところ考えづらい状況です。

とはいえ、安全にプレイするためには身元を晒さない、サービス内容をしっかり確認する、法改正の情報収集をするといった点に気をつけることも必要で、危険を察知したら素早く手を引くという気持ちを持っていた方が良いでしょう。

ベラジョンカジノを詳しく見る

カジモン800バナー

投稿日:

Copyright© カジモン , 2022 All Rights Reserved.