圧倒的な1番人気のオンラインカジノはベラジョン
今なら登録だけでボーナス$30が手に入る!

0949

困惑のRPG型スロットゲームDungeon Immortal Evilの特徴やスペック

更新日:

ベラジョンカジノ

スロットゲームで必須の要素と言えば、まず回転するリール。そしてシンボルがペイアウトラインに停止することで、配当が得られるというのが基本ルールとなっています。これまで多くの新作スロットゲームが世に送り出されてきましたが、この暗黙のルールは長年に渡って不変でした。しかし、ベラジョンカジノで導入された新作スロットゲームDungeon Immortal Evil(ダンジョンイモータルイビル)は、この暗黙のルールを根底から覆す野心作となっています。簡単に説明するとDungeon Immortal Evilは、テレビゲームなどでお馴染みのRPG(ロールプレイングゲーム)の要素を取り入れたスロットゲームです。画面構成を見ただけではスロットゲームだとは気付かないほど大胆な変貌を遂げており、本当にこれをスロットゲームにカテゴライズしていいのか疑問が湧いてくるほどです。

カジモン
ここではベラジョンカジノの話題の問題作「Dungeon Immortal Evil」の特徴などを説明するとともに、実際に遊んでみた感想も紹介していきます。果たしてDungeon Immortal Evilは、スロットゲーム好きの方に受け入れられるのでしょうか?

ベラジョンカジノ【無料登録で30ドル】

Dungeon Immortal Evilの特徴やスペック

ベラジョンカジノに新たに導入された「Dungeon Immortal Evil」は、Evoplay Entertainment社(エヴォプレイエンターテインメント)が開発した、PRG要素をふんだんに取り入れた野心的なスロットゲームです。

具体的には、スロットゲームで必須と考えられてきたリールがスピンしてゲームが進行するという概念を排除し、その代わりに武器を持った主人公の戦士が迷宮内を駆け回りながらモンスターを討伐します。

思考が停止してしまいそうになりますが、簡単に説明するとリールが回る代わりに主人公が迷宮を進み、対峙したモンスターを討伐することで戦利品(配当)を獲得するとう流れになります。

つまりモンスターの種類がシンボルに相当し、強そうなモンスターほど高配当を獲得できるということです。根本的にはスロットゲームと同じ原則を利用していることが分かって頂けたでしょうか?

Dungeon Immortal Evilのスペック

Dungeon Immortal Evilのスペックですが、すでに説明したようにリールもペイアウトラインも搭載されていません。ベット額は0.1ドルから100ドルと幅広いです。

ペイアウト率は96.3%と、一般的なスロットゲームでは平均的な数値です。ボラティリティレベルはMIDDLE~HIGHとなっており大逆転が期待できます。

MAX WINは5,000倍と高い配当が期待でき、一攫千金も狙えそうです。

Dungeon Immortal Evilのシンボル

Dungeon Immortal Evilにシンボルという概念はありませんが、異空間へ繋がる穴がスキャッター、8種類のモンスターがシンボルに該当します。

Dungeon Immortal Evilにはリールが存在しないのでシンボルが存在しませんが、異空間へ繋がる穴がスキャッターで、8種類のモンスターがシンボルに該当します。

・異空間への穴(スキャッター)
・超高配当モンスター:20~5,000
・高配当モンスター:1~150
・低配当モンスター:0.1~50

出現するモンスターは強さによって倒したときに落とすアイテムの価値が異なり、強いモンスターほど高い配当をゲットできます。

Dungeon Immortal Evilのフィーチャー

Dungeon Immortal Evilのフィーチャーは、フリースピンボーナスです。しかしスキャッターの概念が無いため突入の仕方が独特です。

具体的には、主人公がモンスターを倒しながら迷宮を進んでいくと、異空間への入口が現れフリースピンボーナスに突入します。

フリースピンボーナス中は舞台が火山となり、主人公を操ってモンスターを次々と倒していき、最終的にはボスと対峙します。

通常時は敵からダメージを受けない主人公ですが、フリースピンボーナス中はダメージが蓄積されて体力ゲージが尽きると、フリースピンボーナスはそこで終わりです。

すべてのモンスターを倒せば、最後にボスの部屋にたどり着くことができます。そしてボスの討伐に成功すれば大量獲得が可能になります。

Dungeon Immortal Evilを実際にプレイしてみた感想

いつものようにベラジョンカジノで新作ゲームをチェックしていると、まるでRPGのようなゲームを発見。しかもジャンルがスロットゲーム?二度ビックリ。それがDungeon Immortal Evilとの最初の出会いです。

まず驚いたのがスロットゲームを自称しながらリールがないことです。いったいどのようにゲームが進行するのか想像も出来ませんでしたが、実際にプレイしてみてその謎が解けました。

主人公が迷宮を前進することがリールの回転に相当し、モンスターとエンカウントすることがシンボル停止することで、倒したモンスターが落とすアイテムが配当だということを理解いたしました。

最初はとてもスロットゲームとは受入れらませんでしたが、割り切って遊ぶとスロットゲームかどうかは別として、大味なRPGで遊んでいるかのような感覚に陥りました。

フリースピンボーナス中は主人公の体制限もあり、ボス戦では基本的に眺めるだけのスロットゲームとは一味違う緊張感を味わうことができました。

最初は違和感を感じましたが、独特の雰囲気にすっかりハマってしまい、しばらくDungeon Immortal Evilをメインにプレイしたいと思います。

まとめ

カジ旅の最新スロットゲーム「Dungeon Immortal Evil」の解説はいかがでしたでしょうか?プレイレビューも参考になれば幸いです。

アクションRPGにしか見えない画面構成ですが、プレイしてみるとスロットゲームの原則を応用していることがよく分かりました。

オンラインカジノのスロットゲーム好きで、RPGも好きなら一度は試してみるべきゲームだと思います。いわゆる一粒で二度おいしいというやつです。

少しでも興味があれば、ぜひベラジョンカジノでDungeon Immortal Evilに挑戦してみてください。

ベラジョンカジノ【無料登録で30ドル】

-スロット

Copyright© カジモン , 2021 All Rights Reserved.