圧倒的な1番人気のオンラインカジノはベラジョン
今なら登録だけでボーナス$30が手に入る!

0949

古き良きシンプルさ!Burning Classicsの特長やスペック

投稿日:

ベラジョンカジノ

みなさんはスロットゲームと聞いて何をイメージしますか?多くの方はカラフルなフルーツシンボルや数字の7ではないでしょうか?

特にオンラインカジノでは、派手な演出に注力した新作スロットゲームが多くリリースされていますが、それにあえて逆行する古き良き時代のシンプルなスロットゲームを求めるプレイヤーも多いのが事実です。

このBurning Classics(バーニングクラッシックス)は、ベラジョンカジノに導入された新作ゲームで、あえてクラッシックな雰囲気を狙ったレトロでシンプルなスロットゲームです。古き良き時代のスロットゲームをオンラインカジノでも楽しみたい往年のファンにはたまらない機種となっています。

ここでは、そんなシンプルなスロットゲームを求める方々に向け、新作スロットゲーム「Burning Classics」の詳しい特徴や、実際にプレイしてみた感想などをお届けしたいと思います。

ベラジョンカジノ【無料登録で30ドル】

Burning Classicsの特徴やスペック

「Burning Classics」はベラジョンカジノに新しく導入されたBooming Games社(ボーミングゲームス)開発のスロットゲームです。往年のスロットゲームをイメージした洗練されたデザインが特徴です。

Burning Classicsは、あえて複雑なフィーチャーを廃し原点回帰を狙ったスロットゲームで、
シンボルはラッキーセブンとフルーツだけというシンプルさです。フリースピンボーナスが唯一のフィーチャーとなっています。

回転するリール上に同じシンボルが揃えば配当が確定。また3つのスキャッターシンボルが揃えばフリースピンボーナスが開始されるという、単純明快なルールは誰にでも分かりやすく初心者にもおすすめです。

フィーチャーが少ないBurning Classicsですが、通常時にギャンブルというミニゲームが開始され、7のカード3枚を使った色当てゲームに勝てば配当2倍などの懸賞が獲得できます。

このギャンブル機能は、あまり挑戦する方は少ないようですが、往年のスロットゲームを再現したもので、分かる方には製作者の拘りが感じられるところでもあります。

Burning Classicsのスペック

Burning Classicsのスペックとして、5リール✕3行のよくあるリール構成で、ペイアウトラインは20通り、ベット幅は0.2~200となっています。

Burning Classicsの基本スペック、5リール3行とクラッシックなリール構成です。ペイアウトラインは20通で、ベット幅は0.2ドルから200ドルと幅広いのが特徴です。

ペイアウト率は96.1%と比較的高い設定です。しかしフリースピンボーナスやジャックポットなど基本的なもの以外のフィーチャーは用意されていません。しかしながら 一攫千金も十分に可能な1,000倍のMAX WINがあります。

シンプルなシステムで大負けするような場面もないため、少ない資金で遊びたい方や、スロットゲーム初心者にもおすすめとなっています。

Burning Classicsのシンボル

Burning Classicsのシンボルは、ワイルドとスキャッターのほか、3種類の色が異なるラッキーセブン、4種類のフルーツ、合計9種類から構成されています。

・スキャッター
・ワイルド
・ラッキーセブン赤:0.2~2
・ラッキーセブン緑:0.2~2
・ラッキーセブン青:0.2~2
・フルーツ:0.01~1

Burning Classicsのフィーチャー

Burning Classicsにはフリースピンボーナスしかフィーチャーがありません。クラッシックなスロットゲームにはシンプルイズベストです。フリースピンボーナスは発動条件は、スキャッターシンボルが3つ以上止まことです。10回のフリースピンが楽しめます。

シンプルさを追求したBurning Classicsには、フリースピンボーナス中に、フィーチャーが発動するなど追加イベントはありませんが、もしスキャッターシンボルが再び3つ以上揃えば、さらに10回のスピンが追加されるという太っ腹のボーナスもあります。

またフィーチャーとは少し異なりますが、Burning Classicsにはギャンブル機能がついており、配当があった際に、50%の確率で、獲得を2倍にすることができます。

フィーチャーではありませんが、通常ゲーム中に発動するギャンブルにチャレンジすれば、50%確率の簡単な色当てゲームに勝つことで、配当額を2倍に引き上げることもできます。

ただし負けてしまった場合は、配当が0になるので挑戦しないという選択もあります。

Burning Classicsを実際に遊んでみた感想

ベラジョンカジノでBurning Classicsを最初に見たときの衝撃は今でも忘れません。時代に逆行するそのデザインは、とても昨今の最新ゲームとは信じられないものでした。

まるで昭和のゲームセンターのメダルコーナーからタイムスリップしてきたかのような印象で、プレイする前から懐かしい気持ちになってしまいました。

しかしものは試しと、早速100ドルを投入してプレイしましたが、何の意外性もなく極普通のザ・スロットゲームといった内容で、感想は可もなく不可もなくといった感じでした。

通常時の唯一のフィーチャー?であるギャンブル機能は、なかなか当たらず効率が悪いようなので挑戦するのはやめ、フリースピンボーナスの集中することにしました。

頑張って50回ほどフリースピンボーナスを発動させましたが、残念なことに高配当とは程遠い結果となり、あえなく資金は尽きて初めてのBurning Classicsチャレンジは終焉を迎えました。

昨今の派手な演出が当たり前になっているスロットゲームと比べると、地味な印象を受けるデザインですが、スロットゲームのルーツとその根底にある面白さを知る上でプレイすするのも面白いと感じました。

複雑なフィーチャーや派手な演出に食傷気味となってしまうこともあると思いますが、たまにはBurning Classicsのようなシンプルなスロットゲームで原点回帰してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はベラジョンカジノの新作スロットゲーム「Burning Classics」の特徴や、実体験レビューを紹介しました。

すでに触れていますが、Burning Classicsは、シンプルさとレトロ志向がウリのスロットゲームなので、派手な演出や刺激を求める方には向いていないかもしれません。

しかし「これぞスロットゲームだ!」という、スロットゲームの原点を味わうことができる数少ないゲームですので、まだ試していない方は、是非ともベラジョンカジノで遊んでみてはいかがでしょうか。

しかし昔のカジノに思いをはせたい方や、スロットゲームの原点を味わいたい方などには強くおすすめです。ぜひベラジョンカジノでBurning Classicsに挑戦してみてください。

ギャンブル性も宅なく低リスクなので、スロットゲーム初心者も安心して遊べます。

ベラジョンカジノ【無料登録で30ドル】

-スロット

Copyright© カジモン , 2021 All Rights Reserved.