違法?合法?ウィリアムヒルの安全性を徹底調査!

ブックメーカーに興味があって、どうせなら老舗で安心できるウィリアムヒルから始めたいと思っている人は多いようですが、いくら老舗とはいえギャンブルを扱うサイトが合法的に利用できるのかが不安という声もあります。

日本には賭博罪というギャンブルを取り締まるための法律があるので、ウィリアムヒルも違法なサイトなのではと思うのは当然ですし、安心して利用できるかを確かめてから登録したいと思うのも当然です。

色々な人が利用していることはわかっているけれど、自分が使うなら安全性が確認できてから、違法性があるサイトは使いたくないという考え方はリスク回避の方法としては正解で、危機管理ができている人なら実際にウィリアムヒルを使い始めてからも安心です。

ここでは、ウィリアムヒルが日本では違法なサイトなのか、それとも合法なのか、安全に利用するためには何に気をつけるべきなのかについて詳しくご説明しています。

ウィリアムヒル【無料登録】

ウィリアムヒルの違法性は現行法上「なし」の見解

結論から言うとウィリアムヒルを違法とする法律は日本になく、現行法上ではウィリアムヒルを違法とすることはできません。

ただし、100%合法なサイトというわけではないという点に注意が必要です。

なぜ、合法性について100%安心、安全だと言い切れないかというと、ウィリアムヒルのような「海外を拠点とするブックメーカーが日本国内に居住する利用者にサービスを提供する」ことを想定した法律がないからで、違法とする根拠がないため合法と言わざるを得ないのが現状だからです。

そのため、弁護士でもブックメーカーは違法だという意見の人もいれば、合法だという意見の人もいて、見解がわかれるところなのも事実ではあります。

いわゆる、「限りなく黒に近いグレー」というのがブックメーカーの立ち位置で、判断を下す人によって違法にも合法にもなり得ると言えるかもしれません。

ただ、これまでにブックメーカーを「違法」「合法」と判断した前例はなく、あくまでも現時点で法律的な解釈をするのであれば「現行法上では違法と言い切れない」ということです。

賭博罪とは?

ブックメーカーを利用するにあたって、多くの人が「賭博罪」で逮捕されるのではと心配するようですが、そもそも賭博罪とは「賭ける側」と「胴元」をセットで処罰するための法律です。

そのため、ウィリアムヒルのように日本国内にない会社を胴元として摘発できず、賭ける側が日本にいたとしてもセットで処罰できません。

ウィリアムヒルは日本人の利用を想定した日本語サイトを運営していますが、サービスを提供する会社は日本国内にないため処罰の対象外、本国ではライセンスを取得し、正規の手順で運営を行っている一流企業ということから、少なくとも現行の法律でウィリアムヒルが違法性を問われることはないでしょう。

こうした理由があるからこそ、ウィリアムヒルを利用した人が逮捕される心配はありませんし、賭博罪に問われることもないと考えられます。

ウィリアムヒルは超一流のブックメーカー

日本では、ギャンブルを取り扱うサイト、企業というのは裏社会、反社会勢力と繋がっているイメージですが、ウィリアムヒルはブックメーカーとして老舗中の老舗であり、ジブラルタル政府の認可を受けて運営されているので、法的な問題も一切ありません。

ブックメーカーを運営するためには、拠点を置く国の政府から認可を受けなければなりませんが、認可を受けるのは簡単なことではなく、ライセンス取得済みというだけで企業として、ブックメーカーとしての信頼を確保できていると考えても良いほどです。

もちろん、ライセンス取得済みのブックメーカーが全て安全、安心というわけではないものの、政府による認可済みという点でライセンス未取得の企業に比べれば安全なのは間違いありません。

ウィリアムヒルは1934年創業の実績と歴史のある企業であり、ロンドン証券取引所に上場していたこともあるほどの一流企業です。

また、ウィリアムヒルが取得しているジブラルタルライセンスは、ギャンブルに関するライセンスの中でも取得が難しいことで知られているもので、企業の財力、経営体制など全てを総合的に判断したうえで認可されるため、業界でもトップクラスの信頼度を誇ります。

ギャンブルを扱うサイトだから怪しいというイメージを持っている人も、ウィリアムヒルが企業として実績がある、ブックメーカーとしても信頼されているということがわかれば安心できるのではないでしょうか。

オンラインカジノが摘発された事件の真相

ウィリアムヒルが違法なのではと考える人がいるのは、2016年にオンラインカジノの利用者が摘発され、ニュースになったからかもしれません。

この事件はオンラインカジノ、ブックメーカーを利用している人を震撼させたとも言えるほど大きな出来事でしたが、この事件があったからこそウィリアムヒルに違法性がないと判断できるようになったとも言えます。

事件の概要はイギリスを拠点とするスマートライブカジノを利用した日本人が逮捕されたものの、最終的には不起訴処分となったというものです。

スマートライブカジノが完全に日本人に特化したサービスを行っていたことが逮捕理由ではあったものの、結局は拠点が海外にあるため賭博罪を適用できず、利用者のみを起訴するわけにはいかなかったため不起訴で終わったというのが結論です。

現在、日本人が利用しやすいように日本語サイトを運営しているオンラインカジノ、ブックメーカーはたくさんありますが、日本人だけが利用しやすいように特別な配慮をしているところはほとんどありません。

サービスの一環として日本語サイトを運営、日本語サポートを提供しているものの、日本人だけを優遇しすぎているようなサイトはなく、逆に言えば優遇され過ぎていないからこそ安心して利用できると考えることもできます。

もちろん、ウィリアムヒルについても日本人向けサービスは行うものの、日本人に特化したサイトではないので、安全性については問題ないと言えます。

違法なブックメーカーに要注意

ウィリアムヒルは日本国内でも本国でも違法性を問われることはない安全なブックメーカーですが、すべてのブックメーカーが安心して利用できるわけではないので、違法なブックメーカーには注意が必要です。

安全性が確認できないブックメーカーは利用しないことがリスク回避の最低条件であり、自分の身を守るための対策でもあります。

違法なブックメーカーと安全なブックメーカーを見分ける方法はいくつかありますが、何よりも重要なのは政府に認められているかどうかです。

それを証明するのがライセンスの有無なので、利用前には必ず確認してください。

ライセンス取得には時間もお金もかかりますし、一度取得したライセンスも更新が必要なので、企業として安定していないとライセンスを持ち続けることはできません。

安心して利用できるかどうかを判断するためには、利用者の口コミも参考になりますが匿名性の高いネットの口コミは全て信用できるわけではないので、あくまでも参考程度に、最後は自分自身で判断してください。

特に気をつけたい口コミは支払いに関するもので、不払い、遅延などがある場合は気をつけた方が良いかもしれません。

大手と呼ばれるウィリアムヒルのようなブックメーカーは、支払いに関するトラブルもありませんし、ライセンスについても問題がないので安心して利用できます。

ライセンスの有無やどこの国で発行されたものかについては、サイト内で確認できるので利用前には必ず確認しておきましょう。

また、ウィリアムヒルを利用して大儲けしたとしても、あまり公にしないことが重要です。

自慢したい気持ちはわかりますが、どこで人からの妬みを買うかわかりません。

法律で問題がないブックメーカーを利用していても、人が稼いでいることを許せないタイプの人に恨まれるとどんな難癖をつけられるかわからないので、自分自身の身を守るためにも、ひっそり、こっそりとブックメーカーを楽しむのがおすすめです。

ウィリアムヒル【無料登録】

更新日:

Copyright© ブックモン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.