クラップスって何?遊び方や攻略法・注意点など徹底検証

クラップスはアメリカのカジノで大人気のゲームになりますが、引っ込み思案の日本人の性格もあってか、実際にプレイを楽しむ方は少ない印象です。

ただ、オンラインカジノサイトを利用されているユーザーなら、日本人気質も関係なく遊戯できるのではないでしょうか。

今回は、そんなランドカジノで欧米人と日本人の気質の違いを感じるゲームであるクラップスについて紹介します。

ゲームをするのに、人種なんて関係あるの?と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、このクラップスというゲームはプレイヤーの代表がシューターとしてサイコロを振るという事もあり、プレイヤー同士の連帯感が自然発生するゲームです。

特にシャイな人が多い日本人は、よく知らない人と、ハイタッチしたり、グータッチしながら、わいわい楽しむなんて場面が得意じゃない人もいます。

ただ、オンラインカジノなら、そんな問題は発生しませんので、非常にプレイヤーにとってフェアなゲームなので、ぜひゲームを覚えてプレイして頂きたいと思います。

クラップスって何?

クラップスはサイコロを2つ使用したゲームで、カジノの王様バカラとひけを」とらない人気のテーブルゲームです。

根本的なルールは非常に簡単ですが、知らない用語がでてきたり、ゲーム序盤と中盤以降でルールや展開が変わるので、覚えるまではとっつきにくいかもしれません。

そのゲーム序盤は、ゲーム中盤以降にプレイヤーが勝利するための数字を決める作業になります。

具体的には、第1投目で出た2つのサイコロを転がした出目の合計数字を2投目以降で同じ合計数字を出せばプレイヤーが勝利できます。

プレイヤーが負けてしまうパターンとしては、第1投目で2つのサイコロの出目の合計が“2・3・12”になると即敗退、2投目以降に2つのサイコロの合計“7”を’だすとプレイヤー敗退です。

プレイヤーの勝利する場面は、サイコロを振る第1投目で出目の合計“7・11”を出せば1発で勝利確定、2投目以降は1投目でだした数字と同じ数字を出せばプレイヤーが勝利できます。

クラップスの遊び方

ゲームの流れとしては、遊ぶテーブルをチョイスしたら、【パスライン】か【ドントパス】のどちらかに賭けます。

もし、すでにゲームが始まっているのであれば、ゲームの途中参加もできますので、その場合は【カム】か【ドントカム】を選びます。

まず、【パスライン】と【ドントパス】の違いですが、【パスライン】はサイコロを投げるシューターの勝利に賭け、【ドントパス】はその逆張りになります。

次に【コム】と【ドントコム】についてですが、ゲームの最初サイコロを振る第1投目をクラップスでは“カムアウトロール”と呼びますが、皆の1投目が終わった後にゲームへ参加する場合のベッドは【コム】か【ドントコム】になり、シューターへのベッドが【コム】で逆張りが【ドントコム】です。

【パスライン】【ドントパス】【コム】【ドントコム】いずれも勝利した場合の配当は2倍です。

分かりやすくゲーム1投目“カムアウトロール”から説明しますが、【パスライン】か【ドントパス】のどちらかにベッドし、1投目のサイコロを振ります。

【パスライン】に賭けている場合だと、“7と11”が出ればプレイヤーの即勝利で、逆に“2と3と12”の出目合計だと即敗退です。

【ドントパス】に賭けている場合だと、“2と3”が出れば即勝利、“7と11”は即負け、“12”が出た場合は引き分けとなりベッド金額は返金されます。

2投目以降は、【パスライン】に賭けている場合、ゲーム1投目“カムアウトロール”で出た数字(クラップスではポイントという)を2投目以降で出せば勝利し、ポイントと同じ数字を出すよりも7が出てしまえば負けです。

【ドントパス】に賭けている場合の2投目以降は、シューターがポイントを出したら負けになり、それより先に7が出れば勝利となります。

クラップスその他のベッド

クラップスは非常にベッド方法が多いゲームになりますが、非常に期待値の低い(リスクに対して配当が少ない)ベッド方法も含まれてます。

【オッズベッド】 パスライン・カム・ドントパス・ドントカムを選択しベッド後に“カムアウトロール”後の2投目から追加ベッド可能になり、ポイント(1投目の出目合計)により倍率が変動します。

【プレースベッド】 カムアウトロール後に、「4~10」の数字を選んで賭けることができ、ポイントは関係なく、選んだ数字になれば配当が得られますが、発生率により配当は変動します。

【ビッグシックス】【ビッグエイト】 プレースベッドで6や8を選ぶのと同じルールですが、なぜか配当は少なくなります。

【エニークラップス】【エニーセブン】 ロール(サイコロを振る)後すぐに【エニークラップス】は“2・3・12”が出れば8倍の配当を得られ【エニーセブン】は7が出れば5倍の配当が得られます

【フィールドベッド】 ロール(サイコロを振る)後すぐに「2、3、4、9、10、11、12」がでれば2倍“2と12は3倍”の配当が得られます。

【ハードウェイ】 ゾロ目になると配当が得られます「2・2、5・5」は8倍、「3・3、4・4」は10倍の配当。

【ホーンベッド】 ロール(サイコロを振る)後すぐ「2、12」が出れば30倍、「3、11」が出れば15倍の配当が得られる。

クラップスで勝率を上げる方法

クラップスは様々なベッド方法を楽しめるゲームになりますが、エンターテイメント的な楽しみ方をするのか、勝負論で資金を増やしにいくのかで賭け方が変わります。

勝率を上げる方法という解説の項になるので、バッサリと無駄を省きますが、クラップスでは賭けて良いベッド方法と、悪いベッド方法が極端に混在します。

具体的にいいますと、ほぼ全てのゲームには、ハウスヘッジと呼ばれるカジノの儲け部分が、ルールに組み込まれてます。

ほぼカジノとプレイヤーが50%同士のリスクでの勝負はありえないのですが、このクラップスは世界でも珍しいリスク50%で勝負できるゲームです。

逆に言うと、その補填をしなければ、帳尻が合わないので、リスクに対して非常に配当の悪い賭け方がゲームに含まれています。

クラップスで勝率を上げる方法は【パスライン】【ドントパス】【コム】【ドントコム】【オッズベッド】これ以外に賭けないことになります。

クラップスで注意するべきこと

クラップスをプレイする際に注意するポイントが2つありますので、ご紹介させて頂きます。

1つが【パスライン】【ドントパス】【コム】【ドントコム】【オッズベッド】左記以外の期待値が低いベッドをすることで、他のベッド方法に資金をまわさず全集中でリスク対の配当の良いベッドをしましょう。

もう1つが、クラップスは1ゲームの時間が、他のゲームと比較して長い傾向にあるのですが、勝負を焦り大きなベッド金額変動をしないことです。

多くのゲームでは、勝負が拮抗している場面だと、ゲーム数を重ねるごとにハウスヘッジの分だけ、緩やかに資金は目減りしていきますが、クラップスではそういう心配がありませんので、急いては事を仕損じるということがないようお気を付けください。

まとめ

クラップスは個人的にカジノ最強のゲームと思いますので、プレイヤーの好みもありますが、1度はプレイをお試し頂きたいゲームの1つです。

クラップスについて説明のあるウェブページなどでは、なかなか難しいゲームのように感じることもありますが、実際にやってみると単純なゲームであることが分かります。

オンラインカジノを利用すれば、手軽にプレイできますし、着実に資金も増やせますので、お好きなゲームの1つに加えて頂けますと、一気にカジノ戦略の幅が広がると思います。

投稿日:

Copyright© bookmaker , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.