日本人利用者急増!失敗しないブックメーカーの選び方

数年前に比べるとブックメーカーの認知度が上がり、日本人が気軽に利用できるブックメーカーも増えてきましたが、まだ実際に使ったことがないという人は多いようです。

世界中のスポーツに賭けられると言われても、どうやって賭ければ良いのかがわからない、
ブックメーカーがたくさんあり過ぎてどう選べば良いのかわからないという人も多く、あと一歩が踏み出せないといったところかもしれません。

実際に使ってみると思っていたよりも簡単、面白いという声も多いので、最初に思い切って登録するところまでを済ませてしまうのがブックメーカーを楽しむための重要なポイントです。

ここでは、安全で楽しく利用できるブックメーカーをどう選べば良いのか、何に気をつけて選べば失敗がないのかについてわかりやすくお伝えしていきます。

ブックメーカー選びで失敗しない3つのポイント

ブックメーカーは日本国内で運営できないため、すべて海外が拠点となります。

どこの国で運営されているブックメーカーであっても、必ずライセンスの取得が必要になるため登録の際にはライセンスの有無を確認しましょう。

その他、トラブルに巻き込まれないためにはサイトを運営している企業の信頼性も重要なので、公式サイトに企業情報などの記載があるかどうかも確認しておいてください。

初めてブックメーカーを利用する人であれば、日本語サポートがあるかどうかもチェックしておくと安心です。

・ライセンスの有無

ブックメーカーを運営するためのライセンスを発行しているのは、マルタ共和国、イギリス領ジブラルタル、オランダ領キュラソーなどいくつかあります。

これらのライセンスを取得済みであれば、公式サイトに認可証や認可番号が掲載されているはずです。

ライセンスによってはお金で買うようなものもあると言われているので、どこの政府が発行したライセンスかも重要なポイントになります。

マルタ、キュラソー、ジブラルタルであれば問題なし、南米のライセンスはあまり評判が良くないので避けた方が良いかもしれません。

・企業情報の記載

運営企業の所在地などがサイトに記載されているかも事前に確認が必要です。

なぜなら、もし運営企業の所在地が日本だった場合、ブックメーカーを合法的に運営することができないので、違法サイトということになるからです。

違法サイトが正直に所在地を掲載することはないでしょうが、どこにある会社が運営しているのか、運営開始からどのくらい経っているのかといった企業情報の確認は大事なポイントになります。

長く運営されているサイト、企業であれば、これまでに大きなトラブルを起こしたことがないという証明にもなるので、安心して利用できます。

・日本語サポートの有無

ブックメーカーはヨーロッパがメインなので、サイトも英語がほとんどです。

ここ数年で日本語対応のサイトも増えてきましたが、全体的な数で言えば決して多くはありません。

とはいえ、日本市場でのプロモーションを強化している大手ブックメーカーも少なくないので、安心してプレイできて、なおかつ日本語で利用できるサイトを選ぶことは可能です。

ただし、日本語でのサポートが受けられる時間が限られているところも多いので、対応時間やサポートの手段としてメール、チャット、電話、LINEのどれが使えるのかといった確認は必要です。

ブックメーカー慣れした人なら日本語サポートがなくても大丈夫かもしれませんが、そうでないならライセンスの有無、企業情報、日本語サポートの有無は事前に要チェックです。

自分に合ったブックメーカーを選ぶ方法

スポーツに賭けるというメインの目的は同じでも、ブックメーカーにはそれぞれ特徴があるので、自分に合うブックメーカーを選ぶには特徴を把握しておく必要があります。

特徴を把握したうえで、自分に合うのはどこなのかを選べば登録した後で失敗したと思うこともないはずです。

また、それぞれのサイトの特徴がわかっていれば、どのサイトがどのサイトを補えるのかという判断もできるので、複数のサイトを上手く使い分けられるようにもなります。

【決済手段】
ブックメーカーの決済手段はクレジットカード、デビットカード、電子決済サービス、仮想通貨、銀行振込のいずれかになりますが、日本から利用する場合は決済手段が限定されるサイトもあります。

クレジットカードを使いたくない人はカード以外の決済手段が利用可能なサイトを探さなければなりませんし、ビットコインを使いたい人なら仮想通貨対応しているサイトを探すことになります。

大手であっても日本から利用の場合は決済手段が限定されるケースもあるため、どんな方法で入出金が可能なのか確認しておかないといざ入金となった時にアカウントを作成するところからスタートしなければならなくなるでしょう。

【賭けられるスポーツ・オッズの種類】
どんなスポーツに賭けられるか、オッズの種類が多いかは娯楽としてブックメーカーを楽しむためにも、稼ぐためにも重要なポイントとなります。

趣味や娯楽としてブックメーカーを使おうと思っている人なら、自分の好きなスポーツを扱っているかは必ず確認しておきたいところですし、稼ぎたいと思うならオッズの種類が豊富でオッズが高いブックメーカーが選択肢に上がるはずです。

【ボーナスキャンペーンやプロモーション】
ベットするためには資金が必要ですが、ボーナスやフリーベットを上手く活用すれば自己資金が少なくても賭けを楽しむことができます。

入金額に応じてもらえるボーナス、登録だけでもらえるフリーベットなどキャンペーンやプロモーションの内容、配布頻度はブックメーカによって様々ですが、日本人向けプロモーションを強化しているブックメーカーなら、かなりお得に賭けられるのでサイトはマメにチェックしておきましょう。

【ライブストリーミング配信】
ベットしないけれどブックメーカーに登録しているという人もいますが、そういう人のお目当てはライブストリーミング配信です。

衛星放送を申し込むと費用がかかりますが、ブックメーカーの配信ならアカウントに残高がある限り無料で楽しむことができますし、ベットしている人なら中継を見ながらライブベッティングもできます。

スマホで配信を見ることもできるので、外出中にも試合の結果を確認したり、中継を見ながら賭けたりすることも可能です。

【オプション機能の充実度】
ブックメーカーは様々なオプション機能で差別化を図っています。

プレイヤーにとって嬉しいのが、賭けた試合を見ながら損切りや利益確定が可能なキャッシュアウト機能やオッズを自作できるベットビルダー機能です。

どのブックメーカーにもある機能ではないので、どんなオプションがあるのか、どんな時に利用できるのかを確認しておくと目的に合ったブックメーカーを選びやすくなるでしょう。

ブックメーカーは目的別の使い分けが大事

ブックメーカーに登録するのはガッツリ稼ぐためという人が選ぶサイトと海外のスポーツの生中継を見るのがメインの使い方という人とでは選ぶブックメーカーが変わるのは当然のことです。

それぞれ得意な分野のスポーツがあったり、特定のスポーツでは業界トップクラスのオッズが提示されていたりなど、ブックメーカーについて調べれば調べるほど個性があることに気づくのではないでしょうか。

ごく一般的な「スポーツに賭けたい」という目的であればどこを選んでも変わりませんが、それに一人一人異なる目的がプラスされれば、ベストなサイトも違ってきます。

特徴を知らずにアカウントを開設すると使いづらく感じたり、物足りなくなったりして、結局は使わなくなったり、他のブックメーカーに乗り換えたりということになるので時間の無駄です。

もちろん、最初から複数のサイトに登録して、それぞれに足りないところを補いながら使うつもりならそれもありですが、そうでないなら事前にリサーチしておいた方が適切なサイトを選びやすくなります。

何を重視するか決めたら、それに合いそうなブックメーカーを2,3ピックアップしてアカウントを開設、実際に使ってみて満足できればそれでOK、何か足りないと思ったらそれをカバーできるブックメーカーをプラスしていくとブックメーカーを十分に活用できるようになるはずです。

投稿日:

Copyright© bookmaker , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.