ブックメーカーとは?オッズやスポーツベットの基本を徹底解説

日本でも少しずつ認知され始めているスポーツベッティングは、スポーツの楽しみ方の一つでヨーロッパではごく一般的に行われているギャンブルです。

試合の結果や得点数などを予想してお金を賭け、的中させれば配当を受け取れるスポーツベッティングは、日本人が思う「ギャンブル」とは少し違ったもので、悪いことをしている、後ろめたいといったイメージは全くありません。

胴元にあたるのがブックメーカーで、運営している企業には上場企業も多いためブックメーカー自体も信頼性が高いのが特徴と言えるでしょう。

スポーツベッティングの対象となるスポーツも幅広く、日本ではあまり知られていないマイナーなスポーツ、世界中にファンのいるサッカーやテニス、バスケットボールなど様々なスポーツに賭けることが可能です。

ここでは、スポーツベッティングやブックメーカーに興味がある、自分も賭けてみたいと思っている人のために、そもそもブックメーカーとは何なのか、スポーツベッティングでよく聞くオッズとは何なのかといった基本的な情報についてまとめてあります。

賭けを行ううえで、必ず知っておきたい情報満載なのでぜひ役立ててください。

ブックメーカーとは?

ブックメーカーはヨーロッパを中心に、世界中の様々な地域を拠点としてスポーツベッティングを開催する企業やサイトのことです。

一流企業が運営するブックメーカーも多く、合法的に運営するために必ず政府から交付されるライセンスを取得しています。

賭けの対象となるのはスポーツの試合がメインですが、政治や経済に関する予想、ロイヤルファミリーに誕生する子供の性別や名前の予想など様々な事象が賭けの対象となります。

明日の天気が晴れかどうかといった賭け、ノーベル賞の受賞者は誰なのかといった予想などもベットの対象となるため、誰でも何かしらの賭けに参加することが可能で、ブックメーカー発祥の地であるイギリスでは幅広い年代の人に親しまれています。

ベットできるスポーツの種類、試合はブックメーカーごとに少しずつ異なりますが、人気の高いスポーツはどこのブックメーカーでも賭けることができ、日本ではほとんど見ることのないドッグレース、ビリヤードなどのレース、大会まで賭けの対象となっているので、珍しいスポーツを楽しむためにブックメーカーを利用することも可能です。

ブックメーカーの基本的な利用方法

日本人の登録者も多いWilliamHill、Sportsbet.ioといったっブックメーカーは、サイトが日本語なので英語が苦手でも気軽に利用できます。

登録は無料、オンラインでアカウントを開設すればすぐにベットできるようになるので、忙しい人でも大丈夫です。

アカウントから入金、ベットまでにかかる時間は数分程度ですが、これだけで上手くいけば予想を的中させて配当金を獲得、ブックメーカーでお小遣い稼ぎをすることもできます。

・ブックメーカー利用手順

1.アカウントを開設

好きなブックメーカーを選んでアカウントを開設します。

日本人登録者の多く、日本語サポートがしっかりしているブックメーカーを選べばトラブルが起きた時も安心です。

2.入金

ブックメーカーによって利用可能な決済手段が異なるので、自分が使いたい決済手段が利用可能かは事前に確認が必要です。

日本人向けにサービスを展開しているブックメーカーの場合、VISAカード、Masterカードのクレジットカード、デビットカード、エコペイズ、アイウォレット、仮想通貨、銀行送金のいずれか、あるいは複数の決済手段から選択できます。

選ぶ手段によっては入金手数料が必要になる場合もあるので、併せて確認しておきましょう。

3.賭けたいスポーツを選択

ブックメーカーではたくさんのスポーツ、試合、リーグ、大会が賭けの対象となっていますが、まずはどのスポーツに賭けるのかを選びましょう。

全く知識のないスポーツは予想が難しいので、好きなスポーツや経験のあるスポーツから始めるのがおすすめです。

4.オッズを選択してベット

スポーツを選び、試合を選ぶとブックメーカーが用意しているオッズが表示されるので、オッズを選択してベットしましょう。

ベットの種類が100を超える試合も珍しくないので、最初はどう賭ければ良いのか迷うかもしれませんが、慣れてくれば自分の得意な賭け方というのが少しずつ分かってくるはずです。

どう賭けるかを決めて、ベットを確定させたらあとは結果を待つだけです。

ライブベッティングなら試合をライブストリーミングで見ながら結果を待つこともできるので、単にスポーツ中継を見ているだけよりもより一層試合を楽しめるでしょう。

予想が的中したら配当はすぐにアカウントに反映されます。

ベットするなら覚えておきたいブックメーカー用語

スポーツブックをするなら基本的な用語についての知識は必要です。

ほとんどの用語が英語をそのまま日本語読みにしているだけなので、聞いただけでは意味が分からないものも多いですが、よく使う用語から少しずつ覚えていけば問題ありません。

・アカウンタント/ブッキー/ブックメーカー:スポーツベットの胴元。企業やサイトのこと
・スポーツベット:スポーツを賭けの対象とするギャンブルのこと
・オーバーアンダー:決められた数字よりも上か下かを予想すること
・シングルベット:1つの試合に賭けること
・マルチベット:複数の試合に同時に賭けること
・インプレイベッティング/ライブベッティング:試合中にベットすること
・オールインベッティング:選手やチームが退場しても返金されない賭け方。配当は高額になる
・アジアンハンディキャップ:実力差に応じてハンデが与えられること
・ドローノーベット:引き分けの場合は返金される賭け方
・アキュムレーター/パーレー:複数に賭け、1つでも外れた場合は負けとなる賭け方
・ボイドベット:賭けが不成立となること
・キャッシュアウト:試合の途中で賭けをキャンセルし、利確、損切りをすること
・アービトラージ:2つ以上のブックメーカーで両賭けする行為のこと
・スカルパー:アービトラージする人
・フィックスゲーム:八百長試合

賭け方に関する用語は実際に賭けながら覚えていくと簡単です。

アービトラージは日本語で裁定取引と呼ばれるごく一般的な取引の手法ですが、ほとんどのブックメーカーでは禁止されています。

もし、発覚した場合には賭け金の上限を引き下げられるマックスベット規制の対象になったり、アカウント凍結、閉鎖といった対処をされることもあるので、規制対象とならないよう気をつけましょう。

どうしてもアービトラージを試したいのであれば、アービトラージを禁止していないブックメーカーを利用するしかありません。

オッズとは?

ブックメーカーで賭けをしたことがある人はもちろん、競馬、競輪などをする人なら「オッズ」という言葉を聞いたことがあるはずですし意味も知っているはずですが、初めてブックメーカーを利用する人にとっては「聞いたことはあるものの意味は分からない」言葉になるかもしれません。

オッズを簡単に説明するなら、賭けが的中した時に賭け金が何倍になるかを表した数字で、ブックメーカーが独自に設定するためそれぞれ違ったオッズが提示されます。

例えば、プレミアリーグ2015-2016ではレスター・シティ優勝に5001倍というオッズが付いていましたが、もしこれに1000円を賭けていたら500万円の賞金を獲得できたということです。

これだけのオッズが付くことは頻繁にあるわけではなく、ましてやそれを的中させるのは簡単なことではありませんが、夢のようなオッズが提示されることもあるので、大儲けしたいという人がブックメーカーを利用するのでしょう。

オッズの仕組み

オッズと確率は混同されることも多いですが、この2つはいわば真逆の意味を指す言葉です。

確率は「特定の結果が起こる可能性を表す数字」、オッズは「特定の結果の起こりにくさを表す数字」なので、似ているようで全く違うということがわかります。

また、オッズを決めるのはブックメーカーですが、これは適当な思い付きで決められているわけではなく、トレーダーやオッズコンパイラーと呼ばれる専門職によって決定されます。

オッズ決定には膨大な量の過去の試合結果、統計データを参考にしますし、プレイヤーのベット傾向もベット決定に大きく影響します。

どのようなデータをオッズ決定の参考にしているのか、ブックメーカーによっては開示していることもあるので興味がある人は確認してみるのも良いでしょう。

もちろん、同じデータを参照していても最終的にオッズを決めるのは個々のブックメーカーの専門職なので、少しずつ数字が変わってくるのも当然です。

単純に過去の戦績や統計データによる計算だけでオッズが導き出されるわけではなく、出場メンバーの経験やコンディション、精神状態、試合を行う場所の天候なども条件として加味され、全てを総合的に判断するのでオッズに差がつくことになります。

オッズの種類

ブックメーカー方式、パリミチュエル方式という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これはオッズの種類です。

【ブックメーカー方式】
ブックメーカーで一般的に採用されているのがブックメーカー方式で、胴元にあたるブックメーカーが過去の成績、得点数などのデータ、プレイヤーのベット傾向などを参考にして算出されるオッズです。

ライブベッティングなどを除き、一度公開されたオッズが変動することはありません。

そのため、予想外の大勝ちをするプレイヤーがいた場合は、ブックメーカー側が大きな損失を被る可能性もあります。

【パリミチュエル方式(マッチング方式)】
日本の公営ギャンブルで採用されているのが、パリミチュエル方式やマッチング方式と呼ばれるオッズです。

ベットしたプレイヤーの賭け金の総額によってオッズが変動するため、自分が賭けた時点よりも結果が発表された時点のオッズが下がっているケースも珍しくありません。

胴元はプレイヤーから集めた賭け金から取り分を徴収、残ったお金が予想を的中させたプレイヤーに分配されるので胴元が損をすることは絶対にありません。

オッズの表記方法

オッズの表示形式にはいくつか種類があります。

日本人が一番馴染み深いのは、小数点で表されるデシマルオッズだと思いますが、これ以外にも分数で表されるオッズなどもあります。

ブックメーカーによっては自由に表示を切り替えられるところもあるので、自分が一番見やすい表示形式にしておきましょう。

・デシマルオッズ

小数点で表記されるデシマルオッズは、競輪や競馬などのオッズ表でもお馴染みなので、日本人でギャンブルをやったことがある人なら違和感なく受け入れられるでしょう。

計算の仕方も簡単なので、これまでオッズに馴染みがなかった、ブックメーカーが初めてという人はサイトの表記もデシマルオッズにしておくのがおすすめです。

例)賭け金100ドル、オッズ2.270の場合

オッズ×賭け金 = 2.270×100 = 227

オッズが2.270倍で100ドルを賭け、予想が的中した時に受け取れるのは227ドルで、これには賭け金の100ドルも含まれているので利益は127ドルとなります。

・フラクショナルオッズ

イギリス系のブックメーカーで使われることの多いフラクショナルオッズは、オッズが分数で表記されています。

フラクショナルオッズは「分子/分母」で表記されますが「分子を獲得するためには分母を賭けなければならない」という意味で、デシマルオッズと違い倍率には賭け金が含まれません。

「99/1」の場合は「99を獲得するためには1が必要」となるため、デシマルオッズに置き換えると100倍です。

・アメリカンオッズ

名前からわかる通り、アメリカで最も利用されているのがアメリカンオッズで「+(ポジティブ)」と「-(ネガティブ)」と表記されます。

ポジティブは「100を賭けて勝てば表示された数字が獲得できる」という意味で、この数字には賭け金が含まれていません。

ネガティブは「(100 ÷ 表示された数字) + 1」で計算され、数字が大きくなるほど倍率が低くなります。

多くのブックメーカーで上記3種類の切り替えが可能となっていますが、これ以外にもアジア地域限定で使われる香港式、インドネシア式、マレーシア式のオッズもあります。

日本語対応している使いやすいブックメーカーのほとんどはヨーロッパを拠点としているため、アジア圏のブックメーカーを利用する機会はないと思いますが、見慣れないオッズを見て慌てないためにも、こういうのがあるという程度は知っておくと良いかもしれません。

また、デシマルオッズ以外のオッズは見慣れていないせいか、計算が難しく思えるかもしれませんが、ベットの際に自分で計算する必要はなありません。

そもそも、オッズの表示形式を切り替えることは可能ですし、サイトによっては異なるオッズ形式への換算用にオッズコンバーターという機能が搭載されていることもあるので安心です。

オッズが低いと当てやすい?

オッズがどうやって決められるのかを理解することは、ブックメーカーでの勝率を上げるために大事なことです。

例えば、普通に考えると「オッズが低い=当てやすい」となるかもしれませんが、決してそういうわけではなく、逆に「オッズが高い=当たりづらい」というものでもありません。

オッズはあくまでもブックメーカー側が利益を出すために設定されるもの、ブックメーカー側の利益重視で決まるものだということを忘れないようにしましょう。

様々なデータを分析、考慮した結果として格上のチームが低オッズとなることが多いのは事実ですが、ブックメーカーとしては片方に賭けが集中することを避ける意味もあってオッズを調整します。

1.01倍~1.1倍程度のオッズの的中頻度は高く、こうした賭け方を必勝法と呼ぶ人もいるようですが、的中頻度が高いとはいえ外れることもありますし、ブックメーカーによってはこのような賭け方をするプレイヤーのアカウントに制限をかけることもあります。

利益が必ず出るわけではないこと、規制がかかる可能性があることを考えると低オッズだから安心ではないことがわかるはずです。

自分自身で情報収集をして、納得のいく賭け方をすることで、ブックメーカーのオッズに惑わされることもなくなるでしょう。

投稿日:

Copyright© bookmaker , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.