bet365のログイン&ログアウトは超簡単!

bet365に登録したけれど長い間使っていなくて、久しぶりにログインしようと思ったらエラーが出てしまって困っているという人は意外と多いようです。

また、いつもはパソコンで使っているので、スマホでのログインに手間取る、共有のパソコンで利用した後にログインしようとしたらやり方がわからなかったなど、普段と違うことをしようとして思った以上に戸惑うこともあるのではないでしょうか。

bet365のログインやログアウトが特別に難しいわけではありませんが、やり方を知らなければ戸惑ったり失敗したりするのは当然なので、しっかりとやり方を覚えてしまいましょう。

ここでは、ログインやログアウトの手順、もしログインできなくなった時にはどうすれば良いのかなどについてまとめてあるので、困った時にはぜひ参考にしてください。

bet365のログイン方法

bet365にログインする時、自動ログインできるように設定してある人も多いと思いますが、セキュリティ面では自動ログインをおすすめできません。

ずっと自宅に置きっぱなしのパソコンからのログインなど、利用しているデバイスの盗難や紛失の心配がなければ、自動ログインを設定しておいた方がラクかもしれませんが、普段から使っているスマホの場合は、もし紛失してしまった時に色々と面倒なことになるので、セキュリティ対策はしっかりしておきましょう。

ログインの手順自体は簡単で、bet365のサイトを開いて画面右上に表示される「Log In」ボタンをクリック、アカウント名とパスワードを入力して再度「Log In」ボタンをクリックするだけです。

もし、ログイン状態をキープしておきたいのであれば「Keep me Logged in」の横にあるチェックボックスにチェックを入れておきましょう。

スマホの紛失などに備えてセキュリティ対策をしたい場合、パスコードを作成してログインを簡略化しつつ、セキュリティ効果を高めることも可能です。

パスコード作成は「Create Passcode」ボタンをクリックし、好きな数字を4つ設定するだけで完了、次回以降はこの4桁の数字を入力すればログインできます。

4桁の数字といえば、bet365のアカウント登録時に「4 Digit Number」を登録しますが、これとパスコードは全く別です。

注意ポイント

「4 Digit Passcode」→ログイン用暗証番号
「4 Digit Number」→問合せ用暗証番号

という違いがあるの、間違いのないよう、忘れてしまわないよう気をつけてください。

パスコードによるログインはスマホからのみで、パソコンの場合は設定できません。

bet365アカウントからのログアウト手順

bet365を利用するたびにログアウトしているという人は少ないかもしれませんが、セキュリティの面では都度ログアウトするのもおすすめです。

ログアウトしたい時には、サイトのトップページにある人型のアイコンを選択してメニューを開き、「Log Out」ボタンをクリックするだけなので、迷うことはないでしょう。

ログアウトが必要になるかもしれないシチュエーションとして、まれにあり得るのが入金したはずのお金が反映されない時です。

基本的にエコペイズやクレジットカードによる入金は、即時アカウントに反映されますが、サイトを再読み込みしなければ反映されない、あるいは一度ログアウトして、再度ログインしなければ反映されないというケースもあります。

その場合は、一旦ログアウトして、少し時間を置いてからログインしてみましょう。

ログイン情報がリフレッシュされることで入金が反映され、アカウント残高として確認できるようになるケースもあるようです。

bet365にログインできない時の対処法放

bet365にログインするためユーザーネームやパスワードを入力しても、エラーが出てログインできない時には「Your details weren’t recognised.~」というような表示が出ます。

これは、入力した情報が認識できない、つまりパスワードやアカウント名が間違っている時に表示されるものです。

1度失敗しても2度目に正しく入力すれば問題ありませんが、もし3回間違えてしまうとアカウントがロックされてしまうので気をつけましょう。

どうしてもパスワードが思い出せない時は、3回失敗してロックされてしまう前にパスワードの再設定を行う方が手間がかかりません。

もし、気づかずにログインに3回失敗し、アカウントをロックしてしまった場合はパスワードの再設定を行なってもログインできません。

【パスワード再設定方法】

  1. bet365公式サイトのログイン前画面で「Lost Login?」をクリック
  2. ユーザーネーム、 登録済メールアドレス、4桁のセキュリティ番号、生年月日を入力
  3. 「Continue」ボタンをクリック
  4. 開いた画面で新しいパスワードを入力
  5. 「Update」ボタンをクリック

Thank you, your password has now been changed.」と書かれた画面が表示されれば、パスワードの変更は完了です。

もし、登録済メールアドレス、4桁のセキュリティ番号、生年月日のいずれかが間違っていると「Request Unsuccessful~」と書かれた画面が出ます。

これは、入力した情報とbet365側の情報が一致せず、パスワード変更のリクエストに失敗したという意味なので、サポート宛に状況を説明するメールを送らなければなりません。

パスワードだけでなく登録したメールアドレスや、アカウント名など全ての情報が思い出せない、心当たりのものを入力しても間違いだと返ってくるという時は、新たにアカウントを作る直すしかなさそうです。

ただし、bet365では1人のプレイヤーが複数のアカウントを開設することを認めていないため、勝手に新しいアカウントを作ってしまうと、後々でトラブルになる可能性もあります。

どうしても思い出せず、新しいアカウントを作成した時には、

メモ

・Username(ユーザーネーム)
・4 digit Number(4桁の暗証番号)
・Full Name (フルネーム)
・Date of Birth (生年月日)
・ddress(住所)
・Postcode(郵便番号)

以上の情報とログインできないので新しいアカウントを作成した旨を記載したメールをサポート宛に送信しておきましょう。

そのうえで、古いアカウントの情報を削除してもらうように依頼してください。

何もせず、以前のアカウントを放置したまま新しいアカウントを利用し、出金しようとした場合、重複アカウントの作成、利用でペナルティを科せられ、せっかく稼いだお金も没収されてしまう可能性があります。

bet365のログイン、ログアウト自体はそれほど難しくありませんが、ログインできなくなった時はちょっと手間がかかるので、必要な情報は忘れないように定期的にログインしておく、きちんと管理された状態で情報をメモとして残しておくなどの対策を撮っておきましょう。

投稿日:

Copyright© bookmaker , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.