bet365の損失を減らす「キャッシュアウト」の使い方

bet365では賭けを途中でキャンセルし、利益確定が可能なキャッシュアウトという機能を使うことができます。

キャッシュアウトを上手く使うことができれば、損失を最低限に抑えることができ、リスクを回避することができるので、bet365を利用するのであればキャッシュアウトについて理解していた方が良いでしょう。

また、bet365には他のブックメーカーにないキャッシュアウトの機能もあり、キャッシュアウト機能をどう使い分ければ良いのか知りたいというプレイヤーも少なくありません。

ここでは、そもそもキャッシュアウトとは何なのか、どんな時に利用すべきなのかについて詳しくご紹介します。

bet365のキャッシュアウトは3種類

bet365には3種類のキャッシュアウトがあり、それぞれ利用するタイミングなどが異なります。

・通常のキャッシュアウト

通常のキャッシュアウトは最も一般的なもので、ボタンに表示された金額をキャッシュアウトします。

キャッシュアウトされる金額は、タイミングによって異なるのでいくら戻ってくるのかは表示されるボタンで確認しましょう。

・オートキャッシュアウト

オートキャッシュアウトは、それぞれがキャッシュアウトルールを作成できるものです。

最初に「Auto Cash Out」を選択、「If the value reached ¥●● 」という項目にキャッシュアウトする金額を入力します。

これは、「¥●●」で設定した金額になったら自動的にキャッシュアウトするという意味です。

「The minimum value is ¥●●」の場合は、「¥●●」に入る金額が最低額になるという設定です。

最後に「Create Rule」をタップすればオートキャッシュアウトの設定は完了、設定額になれば自動的にキャッシュアウトされます。

・キャッシュアウトスライダー

キャッシュアウトスライダーは金額をスライダーで調整する機能で、細かい金額設定ができるのが特徴です。

「Choose how much to cash out」と表示されるので、最少額、最高額の間でキャッシュアウト額を選択しましょう。

ライブベットの場合は、最低、最高額の変動が早いので、迷っている間にどんどん変わっていきます。

キャッシュアウトできないのはなぜ?

キャッシュアウトしたいのにできない、「Cash Out Unavailable」と表示されることがありますが、試合に影響が出そうな時にはキャッシュアウトできなくなります。

試合終了間際、PKなどの得点に絡む可能性が高いシーン、ビデオ判定など得点の判定が変わる可能性がある場合にこうした表示が出ることが多いので、いつでも好きなタイミングでキャッシュアウトできるわけではないということは覚えておきましょう。

オートキャッシュアウトを使いこなすメリット

オートキャッシュアウトは、金額の設定さえ済ませておけばログインしていない状態でもキャッシュアウト機能は有効です。

例えば、深夜に開催される試合にベットしていた場合、オートキャッシュアウトを使っていなければ試合終了までずっと起きていることになるので、仕事に支障が出るという人も多いでしょう。

その点、オートキャッシュアウトが設定されていれば、深夜や早朝の試合でも昼間の試合でも関係なしで、設定した数値になればキャッシュアウトしてくれます。

ヨーロッパで開催される試合や大会は、日本時間の夜中や早朝になることも多いので、オートキャッシュアウトを上手に活用すれば、手をかけずに稼ぐことも可能です。

また、オートキャッシュアウトを使うことで自己規制をかけることもできます。

今がキャッシュアウトのタイミングなのか、それともこのまま勝負するのかを判断するのは簡単なことではありませんが、自分なりのルールとして最初にオートキャッシュアウトを設定してしまえば、迷った挙句に賭け金を全て失くすこともなく、熱くなりすぎて予想以上のベットをしてしまったりということもなくなります。

ギャンブルでコンスタントに稼ぐには、自己規制、自分ルールが必須なので、そのためにオートキャッシュアウトを活用するのもおすすめです。

ただし、オートキャッシュアウトを利用することで、大きな賭けに出られない、勝負しづらいというデメリットもあります。

これについては、自己規制と紙一重な部分もありますが、自分で上手にコントロールできる人にとっては、オートキャッシュアウトの機能は少しおせっかいに感じるかもしれません。

キャッシュアウトで賭け金の何%かを回収する、あるいは最後まで勝負するといった判断が冷静に行えるならオートキャッシュアウトは不要、そうでないならオートキャッシュアウトを上手く活用するのもありです。

もちろん、一度設定したオートキャッシュアウトを解除することもできるので、深夜や早朝の試合にベットする時だけオートキャッシュアウト、普段は通常のキャッシュアウトやキャッシュアウトスライダーを利用するという使い分けもできます。

どの機能をどう使うか、いつ使うかはプレイヤーによって違いますし、タイミングを見誤ってしまうこともありますが、ギャンブルならそれは仕方のないことです。

できる限り損失を減らすためにキャッシュアウトを理解し、的確なタイミングで使うための判断をするには、ベットの経験やベットするスポーツの知識も必要なので、どんどんbet365を利用して、キャッシュアウトを上手く使いこなせるようになりましょう。

投稿日:

Copyright© bookmaker , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.