出金できない時の対処法も万全!188BETからの出金手順紹介

188BETは日本語で利用できるブックメーカーなので、困ったことがあっても日本語でサポートに相談可能です。

とはいえ、それほどトラブルが多いサイトでもなく、利用方法が難しいわけでもないので日本語サポートがなければ使えないというわけではありません。

しかし、ちょっとした勘違いで出金時にトラブルが起きたり、必要な手続きを忘れてしまったりということはあるようなので、もしもの時の対処法を知っておいて損はありません。

ここでは、188BETからの出金方法と手順、もしも出金できないトラブルに見舞われた時にはどうすれば良いのかを分かりやすく解説しています。

何かあっても諦めず、正しい対処をすればすぐに解決できる問題がほとんどなので、落ち着いて対応しましょう。

188BETからの出金に利用できる決済手段

188BETは香港にアジアオフィスを構え、日本を含むアジア市場向けサービスを幅広く展開中です。

アジア市場を重視する姿勢は日本向けのプロモーションが豊富なことからも明らかで、日本人はその恩恵を受けることができます。

ただ、決済に利用できる手段が日本から利用する場合かなり限られるため、そこがデメリットだという人も少なくありません。

出金時に利用できるのは、エコペイズと銀行送金となっていますが、最近増えている簡単な銀行送金ではないため、現実的な手段としてはエコペイズ一択ということになります。

もちろん、188BET側で銀行送金による出金も可としているので、利用できなくはありませんが、煩雑な手続きを踏み、高額な手数料をかけてまで銀行送金にこだわる人は少ないのではないでしょうか。

また、エコペイズであれば入出金ともに利用可能ですが、銀行送金の場合はクレジットカード入金、銀行送金という組み合わせになります。

入出金手段を統一することで、出金時のアカウント番号入力などの手間も省けて、さらに着金までの時間、手数料、手間も削減することができるので、絶対にエコペイズを使いたくない理由がない限りはエコペイズがおすすめです。

エコペイズ出金手順と基本情報

エコペイズで出金する際に気をつけなければならないのは、最小出金額と最高出金額の設定です。

とはえい、エコペイズの場合は最低出金額が1000円と少額であること、最高出金額が600万円と高額であることから、ほとんどの利用者は出金限度額に引っかかることなく申請できるでしょう。

出金の際の手数料は無料なので、出金したせいで賞金額が目減りする心配はありません。

【エコペイズの出金手順】

  1. 188BETにログイン
  2. メニューから「出金」を選択
  3. 出金手段として「エコペイズ」を選択
  4. 表示されるエコペイズのアカウント番号を確認し、出金額を入力
  5. 『同意して送信する』ボタンをクリック

出金にかかる時間は早ければ2時間ほど、高額出金の申請をした場合や休日が入る場合はもっと時間がかかることもあります。

着金したらエコペイズからメールが届きますが、特に問題がなければ申請から着金までの間に188BETから連絡が来ることはありません。

出金時は賭け条件に要注意

188BETからの出金でありがちなトラブルの原因の一つが、入金額に対する賭け条件です。

賭け条件、ロールオーバーはボーナス利用時のみ適用されると思っている人もいますが、一度188BETに入金したお金に対しても賭け条件が付くので気をつけましょう。

ただし、入金額の賭け条件は1倍なので100ドルを入金したら100ドル分の賭けを行うだけで出金可能です。

ボーナスを使った場合は、ボーナスごとに決められた賭け条件をクリアするまで出金できないので、利用する際は規約をよく読んで理解しておくことも重要です。

ブックメーカーはどこを利用しても入金額に対する賭け条件が設定されているのが普通で、中には1倍以上の賭け条件が付くこともあることを考えると188BETは比較的良心的なブックメーカーで、利用しやすいサイトとも言えます。

188BETではスポーツベットのロールオーバー条件は、1.75以上のオッズにベットするというのが基本となっているため、強豪チームのホーム戦勝利といった低リスクのベットに賭けている人は条件をクリアできていない可能性大です。

「188BETが指定した点数を上回るか下回るかに賭けるオーバー/アンダーベット」に賭けるとロールオーバーを達成しやすいので、条件クリアを目指しているなら試してみてください。

事前のKYC書類提出で出金をスムーズに

KYCとはKnow Your Customerの略で、日本語にすると本人確認に当たる言葉です。

ブックメーカーを利用する場合、特定の条件に当てはまるサイトでなければ本人確認書類を提出し、承認されて初めて出金が可能になります。

オンラインのギャンブルサイトを利用したマネーロンダリング、不正送金を避けるために行われる措置であり、ギャンブル関連のライセンスを取得する際に義務付けられていることなので、利用者が提出を拒否することはできず、提出しない場合は利用を制限されたり、出金を拒否されたりします。

書類提出のタイミングは、初回の出金申請時というブックメーカーがほとんどですが、アカウント開設時に本人確認を同時に行えるサイト、任意のタイミングで書類を提出できるサイトなど色々あるので、できるだけ早めに済ませておきましょう。

提出する書類は、基本的に下記に挙げる3種類ですが、書類の種類によっては追加書類の提出を求められることもあります。

【身分証明書】
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード など

【住所確認書類】
・住民票
・公共料金請求書 など

【決済手段証明書類】
・電子決済サービスアカウントのスクリーンショット
・クレジットカードの利用明細書 など

『書類提出手順』

  1. 188BETにログイン
  2. トップページで右上のメニューを選択
  3. 「私のアカウント」を選択
  4. 「プロフィール認証」をクリック
  5. 書類のアップロード画面が開いたら書類のデータをアップロード

書類の提出は以上で終わり、登録メールアドレスに「KYC本人確認の完了」という件名のメールが届いたら審査が無事に終わったことになります。

審査にかかる時間は2営業日ほど、週末や祝日が入るともう少し時間がかかるので、急ぎで出金したい時は提出のタイミングを考えておいた方がよさそうです。

188BETから出金できない原因と対処方法

特に難しい手続きも不要、わずか数ステップで完了する188BETからの出金手続きですが、出金条件をクリアしていないなど、場合によっては出金できない、出金に時間がかかる可能性もあります。

ココに注意

188BETの登録者と受け取り人の名前は同一であること

188BETに登録したのは自分、出金先のアカウントの名義人は自分以外の第三者という場合、出金申請は承認されません。

エコペイズに出金したいけれどアカウントを作るのが面倒、すでに持っている友人や家族のアカウントに送金してもらおうと思ってもできないということです。

面倒かもしれませんが、自分名義のアカウントを作成してください。

ココに注意

入出金の方法は同一であること

エコペイズで入金したらエコペイズでしか出金できません。

元々、188BETで利用できる決済手段は選択肢が限られているので、他のブックめーっかーに比べると入出金の手段違いで出金できないケースは少ないですが、クレジットカードで入金した場合にもエコペイズでの入金実績が必要なので気をつけましょう。

ココに注意

出金条件クリア前の出金申請は不可

ボーナスの出金条件、入金したお金の出金条件のどちらであっても、条件をクリアする前に出金申請をすることはできません。

条件をクリアしているか確認してから出金申請を行いましょう。

投稿日:

Copyright© bookmaker , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.